不妊とストレス

不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっています。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大事かもしれません。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、生殖機能が低下することにつながります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血行を良くして、自然な代謝を促進し、ツボ刺激による癒し効果もあります。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。妊娠した後、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は大変密接に関わりあっています。それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。この話はもちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中には十分に葉酸を摂るように注意してください。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含有していますから、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。